派遣社員のメリット

1. 採用・育成費用が不要

人材派遣の場合、業務に必要な能力や経験を持ったスタッフを派遣するのが基本です。そのため、企業ごとに異なる細かい業務手順や機器の操作方法などさえ覚えれば、その日からでも戦力になります。

つまり教育・研修などにかかる諸経費またそれに関わる社員の時間業務負担といったコストを大幅に削減することができます。

2. 業務量の変動に対応

時期によって業務量が変動捨という企業は多いと思います。しかし、ピーク時に合わせて人員を整備するのは非常に無駄が大きくなります。こういった時には、人材派遣を活用することで大幅にコストダウンができます。

必要な時に必要なだけのスタッフを派遣してもらえるのが人材派遣ですので、繁忙期が終われば派遣契約も終了します。無駄のないオペレーションが可能です。

3. 決して高くない派遣料金

日給や月給に換算して比較すると割高に感じられる派遣料金ですが、実はその中には直接雇用の場合にはあまり意識されないさまざまな経費が含まれています

各種社会保険料(会社負担含む)や福利厚生費、交通費、賞与、退職金などです。採用・教育費を削減できることも含めて考えれば、必ずしも割高とは言えません。

4. 募集期間を短縮

新事業部や新拠点の開設、新店舗のオープンなど、立ち上げの準備に追われ、スタッフの募集や選考、教育などにまで手が回らないというケースでも、人材派遣ならば効率よく人員を確保することができます。

一般的に募集をかける場合には広告原稿の作成・確認といった段階から、入社手続きを経て実務の勤務開始までに、最短でも2週間程度は必要だと思います。派遣の場合は人材さえいれば数日後からの稼働が可能です。

5. 欠員・休業者対応

急な退職者や長期病欠などが出た場合、後任を手配するのは容易ではありません。社内で異動するにしても他部署に負担をかけることになります。また、出産・育児・介護などの休業・休暇制度では社員の復職までの限定された期間のみ、業務を代行する人材が必要となります。

こうしたケースに人材派遣は最適であり、社員や取引先に負担をかけずに円滑に業務をまわすことができます。

派遣社員のデメリット

1. コミュニケーション・ギャップ

人材派遣会社と派遣社員、派遣先の企業の三者の関係で働く為、相互のコミュニケーション・ギャップが生じやすい。

2. あくまでも派遣元の社員である

人材派遣を多用し、派遣社員が社内に増えすぎると企業ポリシーや愛社精神が薄れる可能性があります。

3. 派遣期限に制限がある

企業側にとって非常に優秀なスタッフが雇用できても、派遣スタッフの派遣期間は最長でも3年と定められています。
派遣元の雇用契約を無期雇用にしたり、派遣先で直接雇用に切り替えることも可能ですが、もともと就業時間や期間を自由に決められる派遣スタッフというものにメリットを感じている人には、正社員への道が喜ばれるかどうかは人それぞれです。

その他の雇用形態でのご紹介

・中期的に人材が欲しい

・できるだけ経費を抑えて人材を確保したい

派遣社員を検討されている方は下記のボタンを押してください

・短期間だけ人材が欲しい

・イベントなどで1日だけ手伝って欲しい

短期間の人材を検討されている方は下記のボタンを押してください